<< キルギス紀行 その12 | main | キルギス紀行 最終回 >>

キルギス紀行 その13

2019.10.08 Tuesday | by asano-youki
9月30日(月)

ついに最後のミッションの日がやってきました。

20日にやって来て初めての雨です


10:30
アセーリの妹ノスカの車で中央アジアアメリカ大学へ


途中、横断歩道の歩行者優先を横切って
警察に止められるハプニング

何やらノスカが車降りてパトカーでヒソヒソ話

通常1000ソム(約2000円)罰金のところ、200(400円)ソムにしてと交渉、
結局、間とって500ソム(1000円)で交渉成立って、日本では有り得ない現場に立ち会うことになりました(笑)

罰金が値切れるキルギス、スゲー!
ノスカもスゲー!


大学近くにロシア正教会がありました

11:30到着
近代的な綺麗な校舎でした
12:00〜大学内の吹き抜けの会場でグルムの生徒によるパフォーマンス



アコーディオンの弾き語り、コムズ演奏

ちょうど昼休みでゾロゾロ出てきてくれて、沢山の学生さんに聴いて貰いました
そして、僕とグルムで30分ステージ


ソロでキルギス語「あなたの写真」と日本語「あなたがいたから」を歌いました









手拍子や「ありがとう」コール、終わったあと話しかけてくれて嬉しかったよ〜

終わって、しばしグルムが教えている生徒さん達と会って写真撮ったりして歓談、その中にグルムのお姉さんもいて、2人で「恋のバカンス」を即興で歌ってくれました!流石に息もピッタリ!
次回の「のど自慢ザ・ワールド」にエントリーしたらいいよ〜

ランチタイム
グルムの初来日に同行したグルナスと3年ぶりの再会 元気で何より!


グルムの生徒「ジャケ」君 26歳

彼はパラリンピックのトライアスロンの選手なのだ!ぜひキルギス代表として来年東京に来れることを願ってるよ!
頑張れ〜





次がいよいよラストのミッション
グルムが卒業したビシュケク盲学校でのラストライブ at 講堂





自分的には今日の歌が1番よかったかも(笑)


みんなで百万本のバラの日本語バージョンを見事歌ってくれました
「ありがとう」も大合唱になりました!
メン シーレルディ ジャクシ ギョルム!
大感激よ〜(T ^ T)



またみんなと会える日が来るといいなぁ…


キルギス最後の晩餐は
バラちゃんと大渕さんとでグルジア料理を

「プルプル」


スパイシーな茄子の肉巻きとスープです




バラちゃん、ご馳走様でした〜
チョンラフマット)^o^(

最終回につづく…

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Recommend
ふるさとになりたい
ふるさとになりたい (JUGEMレビュー »)
暁月めぐみ
2009年8月5日発売
作詞/冬弓ちひろ
作曲/浅野佑悠輝
編曲/新屋豊
Recommend
余花の雨
余花の雨 (JUGEMレビュー »)
服部浩子
2008年10月15日発売
作詞/菅 麻貴子
作曲/浅野佑悠輝
編曲/前田俊明
Recommend
恋桜
恋桜 (JUGEMレビュー »)
小林幸子
2007年第58回紅白出場曲
作詞/くろべさき
作曲/浅野佑悠輝
編曲/宮崎慎二
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM